2017年11月28日

№332◆レポートに困っていませんか?

みなさんこんにちは!国際コース3年の堤日奈子です。

11月も残りわずかとなりましたね、いよいよ本格的に寒くなってきているので、体調管理をしっかりしたいところです。

突然ですが皆さん、「ラピタデスク」ご存じですか?
今回は、自身も活動しているラピタデスクについて少しご紹介いたします。

「ラピタデスク」とは、各コースの先輩チューターが、レポートなどの手助けを行う学生支援プログラムです。

大学生になると、期末試験では筆記試験だけではなく、レポート提出が試験とされる科目がありますね・・・。
特に1年生には、後期に入って慣れてきたとはいえ、レポートに不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「レポート、どうしよう(´;ω;`)」 そんなみなさん、安心してください。

ラピタデスクでは、レポートの書き方やまとめ方など、レポートについての相談を受け付けております!

「何を書いたらいいんだろう?」「引用の仕方がわからない!」「文章に自信がない・・・」など、お気軽に何でもご相談ください。
図書館1階で、今期は月曜3,4,5限の時間、火曜から金曜は3限、5限の時間に開室しています。図書館に予約表があるので、希望日時に予約をとってご活用ください。
ちなみに、私は月曜日の4限を担当しております!一緒にレポートの不安を解決しましょう(^.^)

簡単ですが、ラピタデスクについて紹介させていただきました。

さて、12月に入ると楽しいイベントやお休みが待っていますね。みなさん今年の冬はどのように過ごしますか?
バイトや課題や就活準備(耳が痛い)などに追われて、お忙しい方もいらっしゃるかもしれませんが、みなさんそれぞれにとって、とっても素敵な冬が訪れることをお祈りしています。

2017年11月9日

№331◆就職活動に向けて

学生Blogを読んでくださっているみなさん、こんにちは!
今回で2回目の投稿になります、
情報・経営コース3年の成瀬詩織です。
 
2017年も、もう11月に突入してしまいましたね。
あと2ヶ月もしないうちに2017年が終わってしまい、
来年の3月から就職活動が解禁になると考えると、
今からかなり不安です…

就職活動といえば、先月初めて合同会社説明会に参加してきました。
申し込みの時は「こういう説明会に参加するのはまだ早いかな?」と思いましたが、
「合同会社説明会というものの雰囲気を学ぶことも大切」と
就職センターの方もおっしゃっていたので、参加を決意しました。

説明会当日はとても緊張しながら会場に入りました。
しかし時間が経つと、緊張もほぐれていき、
有意義な時間を過ごすことが出来ました。
企業の方といろいろなお話をすることができ、
就職活動へ向けての意欲も高まりました。

「まだ3年生だから」と思っていましたが、
3年生のうちに、このように参加することによって、
就職活動のイメージもより明確になったため、
参加できてよかったと、心から思います。
これからも就職活動に向けてのイベントがたくさんあると思いますが、
参加できるものは極力参加をして、
有意義な時間を過ごしていきたいと思います!
 
限られた大学生活を、みなさんも有意義にお過ごしくださいね!

2017年10月30日

№330◆実際の目で見てください!

 こんにちは。今回で学生ブログを書くのが2回目になります。共愛学園前橋国際大学、国際コース2年の吉沢達大です。

 普段、私たちが気になる場所を知りたいとき、インターネットや新聞など様々なメディアを使いますよね。そのようなメディアがあると便利と思うならば、わざわざ現地まで行く必要はないと思う方はいらっしゃると思います。しかし、僕はメディアで知ることと、実際の目で見て知ることは本当に違うことを知ってもらいたいです
 
 僕は今年の9月にフィリピンに行きました。最初は、フィリピンは貧困の国だから、あまりいいところではないというステレオタイプがありました。しかし、実際に行ってみると、現地の人はとてもやさしく、どんなに貧しくても、笑顔の絶えない方たちがたくさんいらっしゃいました。それゆえ、フィリピンは貧しい国だと言われているが、意外に活気のある国だと思うようになりました。
 
 ほかにも経験がありますが、どの経験もインターネットなどのメディアに載っていないものばかりで、インターネットで見たときと実際の目で見るときの印象は随分違いました。ステレオタイプにだまされてしまいましたが、「百聞は一見に如かず」ということわざの重要性を感じました。
 
 高校生の皆さん、勉強で忙しいと思いますが、大学生になったら外に出て色々なものを見てください。ステレオタイプにだまされていけません。実際の目で見れば、今まで知らなかったことを知ることができるでしょう。

2017年10月3日

№329◆夏

お久しぶりです。
前回の学生Blog記事を投稿した際、自分の名前を書き忘れた星田です。
ごめんなさい。
 
さて、皆さんは夏休みはどのように過ごしましたか?
たくさん寝てた、美味しいものいっぱい食べた、友達と遊んだ。一つは思い出ができたはずです。
その多くの思い出の中で、自分が気づき、成長できることはありましたか?
 
大学生は中学生や高校生のように決まった宿題が出されるわけではありません。
その代わり、大学生は自分の力で課題を見つけ、達成すべきであると私は思います。
 
私は今年から経営学を学ぶゼミに所属し、ビジネスプランを提案することが今回の夏休みの課題でした。
心理学という分野に触れはしていたものの、ビジネスという分野には無縁だった私が自分の力でビジネスプランを考えることは想像以上に難しいものでした。
 
その考えていく中で私が気づいたのは「小さな出来事に目を向ける」ということです。
毎日生きていたら一つは何かが起こります。
今まで行ったことのなかった場所に訪れたり、見たことのないものに出会ったらなおさらです。
 
「ああ、こんなものがあったら」「こういう考え方もあるのか」という気づきが、新しいものを生み出すきっかけになること。
 
私は今まであまりすべてのことに興味関心があるというわけではありませんでした。
「これは面白い」と思うことだけに目を向けていたように思います。
それは、無意識に切り捨てていた何かの中にある、新しい発見を見逃していたのだと気づきました。
 
皆さんは、この夏に何に気付いたのでしょうか?
何を課題とし、何を解決としたのでしょうか。
もう後期が始まりました。今大学生であることを有効に使い続けていきたいですね。
 
私は講義をちゃんと受けます。では

2017年9月27日

№328◆3歳児に戻ってみよう

こんにちは。
英語コース4年の富岡 麻衣子です。

マエコクでは後期のシラバスが始まりましたね。

皆さん、素敵な夏は過ごせましたか?
 
残念ながら私達、4年生にとっては最後の大学生活となるんですね。
最後の最後まで、全力で走り切りましょう。

それはそうと先日、
下級生たちにあることを訊かれて。

「あの、やっぱりシュウカツって大変ですか?」って。

——うん、そうだよね。きっと今の4年生もね、そう思った人は少なくなかったと思うよ。「就職活動って何?」って思うよね。知らないものって怖いし、いまいちピンと来なかったりね。
 
もちろんもう就活に取り組み始めている人たちのためには、〈就職センター〉っていう強い味方がいるので一先ずは安心だけど、もしあなたが「それ相応に頑張ってきたけど、結局何がしたいのかわからない」と思っているなら、まずはね、、
 
頭を空っぽにして単純に「僕・私は何が好きだったろう」「何をして生きていけたら幸せだろう」って、一度3歳児に戻って自分の心に素直になってみると良いですよ。
 
そうしたらね、忘れていた「何か」に再び出逢えるかも知れませんね。
 
そして私達4年生は今が頑張りどきですね。
 
敵に思える相手が就職活動でも、試験でも、単位や資格の取得であっても、もう既に泥んこであちこち傷だらけだったとしても、私たちの夢に必死に食らいつきましょう。
 
皆さんが、
素敵な秋を過ごせますように。

2017年9月25日

№327◆ひとり旅

みなさんこんにちは! 児童教育コース4年戸塚令大です!
さて、ながーい夏休みが終わってしまい大学では後期授業が始まりました。
 
みなさんは夏休みどう過ごしましたか?
海、バーベキュー、旅行とたくさんの思い出が作れたと思います。
 
正直、私は教員採用試験のため学生生活最後の夏休みのほとんどを勉強に費やしました…でも友達同士、協力しあいながら勉強していたので勉強も楽しくできましたよ!

しかし他にも楽しかったことはあります。
採用試験が終わった後は以前からしたいと思っていた海外一人旅をしてきました!
ちなみにタイのバンコクに少ないですが8日間行ってきました。
 

 
もちろん楽しかったですが、波乱万丈の旅でした。
ケータイが使えなかったり、雨季が重なり大雨の中、傘も差さずに歩いて帰ったり、ホテルから遠くにあった博物館が到着したら休館日だったこともありました
 
一番大変だったことは水道水と知らず、毎日冷蔵庫の水をがばがば飲んでしまったことです。
その水のおかげで腹痛とめまいで動けない日がありましたが、午前はホテルの従業員とWiiでゲームをして午後は無理やり外にでかけました。
次の旅行ではミネラルウォーター以外の水は飲みません。

道中でもいろんな人に出会うことができました。
一緒に飲みにいったり、店員との交渉術を教えてもらったり、夜道を一緒にサイクリングしたりしました。
その中で人々の受け入れやすさを感じることができたのは良い経験だったと思います。
 
国内旅行もいいですが、ぜひ海外にも行ってみては?
きっと新たな発見がありますよ。

№326◆最後のサークル合宿

みなさんこんにちは!
情報・経営コース4年の沖村郁絵です。
 
本日から大学は後期が始まります!
大学生にとっては長く楽しい夏休みが終了してしまい、残念な方が多いでしょう。
大学の夏休みは8月初旬から9月下旬までと高校より長いため、旅行や留学など様々な事を楽しめる期間です。
私も、学生生活最後の夏休み有意義に過ごさせていただきました(^^)
その中で、今回はサークル合宿について書かせていただきます。
サークル合宿は部活の合宿と同じようなものですが、より仲間との交流を深める事のできる機会でもあります。そのため合宿先での観光や、BBQなども行います。
私の所属するアカペラサークルでは、合宿中にスポーツやレクリエーションを行いました!
レクリエーションではチーム対抗でイントロドンと椅子取りゲームを行い、体を動かして競い合いました。
普段運動しないせいですぐ息があがってしまい、合宿後には4日間筋肉痛に悩まされましたが、チームメイトと協力してポイントを稼ぎ、1位を獲得することができました
 
もちろんそれ以外の時間には合宿目的のアカペラの練習を行い、最終日に成果発表として学校に戻り発表会を行いました。
 
最後の合宿でしたが、まだ仲良くなれていなかった1年生といっぱいお話できたり、上級生と濃ゆいお話ができたり、普段のサークル活動とはまた違った環境ですごく充実した3日間でした!!!