2019年4月22日

№391◆大学3年生の1年を振り返って

お久しぶりです!
情報・経営コース4年になりました、富山実佐子です。

あっという間に4年生になってしまってとても驚いてます(笑)

さて、今回は私の大学3年生の1年を振り返ってみようかなと思います!

3年生で1番印象に残っていることは…!
やはりゼミ活動です!!!

前国は、3年生から課題演習(ゼミ)が始まります。

私は、経営を専門に学ぶ村山ゼミに所属していて、3年生の前期は主に販売促進企画立案を行いコンペに提出しました

そして、夏休みから後期にかけては、ビジネスモデルの構築を行いGIA(群馬イノベーションアワード2018)にプランを提出しました。

GIAは2次審査まで進めましたが、ファイナルに進むことができずすごく悔しかったです、、

ですが、毎日のように夜遅くまで先生が指導してくださって、先輩方からもアドバイスをもらい、友人から励ましの言葉をもらって…本当に恵まれた環境で周りに支えられながら活動してきたな~と思います。

また、コンテストでは、思うような結果を残せませんでしたが、自分が納得いくまでプランを練り上げたことから、大きな達成感を感じられました。


みなさんも何かに対して真剣に向き合って、困難なことに直面しても、その度に解決して乗り越えれば絶対に自分にとってのやりがいや達成感に繋がると思うので、積極的に挑戦してみてください!

これからのゼミの内容は卒論なので、卒論頑張っていきたいと思ってます!


最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

2019年4月3日

№390◆全ての経験を人生の糧に

こんにちは!
もはや卒業生という立場の、国際コースに所属していた堤です。
 
私はこの春、憧れのあった会社に入社することができ、社会人という立場になりました。
 
そんな私の最後の更新では、在学中の皆さんに共有したいことを書きます。
 
私は学生時代、熱中して何か1つのことに打ち込んだことはありませんでした。
代わりに、様々な種類のボランティアや学外活動に挑戦し、沢山の経験をしてきました。
更にアルバイトでは、1つの仕事を4年間続けながら、派遣や短期アルバイトでありとあらゆる種類の仕事を経験しました
 
つまり、学生時代の活動の殆どを、「広く浅く」やってきました。しかし、「広く浅く」経験して身につけたことや得たものは、その後あらゆる場面で本当に本当に役に立っています。本当に驚くほど。
 
そんな経験をして私が伝えたいことは、知識や人脈を得て「良い経験をした」と終わらせず、それを今後どう応用するか、何に役立たせるかを考え、早く行動することが大切だということです。
そして、1つのことに集中することも素晴らしいことですが、どうか色々なことに沢山挑戦してみてほしいなと思います。経験が多ければ多いほど、その分だけ活躍できる場が増えます。
 
私もまだまだ人間として未熟ではありますが、この4年間で得た全てのものを使いこなすことで、人の役に立ったり、自分の人生の補強材料にしたりできるよう、日々努力していきます。
それがいつか何かの形で、学校やお世話になった人への恩返しとなるといいなと思います。
 
そして、これからも様々なことに挑戦し続け、全ての経験を糧に生きていきたいです。

最後に、本当にこの学校に通えて幸せでした。
ありがとうございました。

2019年3月22日

№389◆やっぱり、「実力がつく大学」でした!

先日の卒業式でマエコクを卒業しました、心理・人間文化コースの石井智美です。

高校生のみなさんは春休み真っ只中ですね!
来月から本学へ入学される新入学生のみなさん、ようこそマエコクへ!
来月から始まる大学生活にドキドキしている頃かなと思います。

この学生ブログには今回卒業した4年生も多く携わっていました。4年間で感じたことや学んだことが最近のページにたくさん書かれています。
マエコクの大学生活が気になる!実際の学生の声が聞きたい!と興味を持ってくれた方、どんな4年間になるかドキドキしている新入学生のみなさん。ぜひ、この学生ブログを少しさかのぼりながら見て頂けたらなと思います

さて、私からは「力がつく大学生活を送るためのコツ」を少しだけお伝えします。

それは「話すこと、選択すること、挑戦すること」です!

まず、「話すこと」。友達とのお喋りも「話すこと」に含まれるかもしれません。が、是非、コースが違う友達、講義が一緒の先輩、先生とも話をしてみてください!何か必ず学びがあるはずです!

次に、「選択すること」。大学では自由度が高く、様々な選択肢があります。科目選択をはじめ、色々な場面で「する・しない」「AかBか」などを選択する必要があります。周囲に惑わされず、是非自分でよ〜く考えて決めていってください!この、自分だけで決断する一手間が大切です!!

最後に、「挑戦すること」。これは上の「選択すること」と合わせて「『挑戦すること』を『選択する』」というところにもつながってきます!本学には「挑戦すること」をサポートしてくれる、先輩、先生、職員がいます。成長できるようなプログラムもたくさんあります。これから活かせる資格を取ってみる、試験に取り組んでみるのもいいかもしれません!自分のペースで何か取り組んでみてください!

長くなってしまいましたが、これが私が4年間で感じた全てです!いつの時も全てがうまくいくことはありません。でも、頑張れば頑張った分だけ自分の中で実力や自信となって蓄積されるはずです!
卒業生として、今後もみなさんを、マエコクを応援しています。

2019年3月12日

№388◆桐生に行ってきました!」

こんにちは。
国際コース4年の箕輪功大です。
 
今回は私にとって最後の学生blogへの投稿になります。

私は3月で大学を卒業し、4月からは群馬県桐生市に本社を置く自動車部品を製造する会社に就職します。

いざ自分が社会人になることを想像すると、不安でいっぱい・・・と答える人も多いかもしれませんが、私は4月からの生活が楽しみで仕方がありません。

なぜかと言うと、私はこの4年間共愛学園前橋国際大学で素晴らしい学びをしてきた自負があるからです!

今回はその"素晴らしい学び"については触れませんが、マエコクの良さ、魅力はこの学生blogの過去の記事を読めばきっとわかると思うのでぜひ読んでみてくださいネ!

ところで、私は桐生の会社に就職すると冒頭でもお伝えしましたが、実は私の家は前橋です。なので、これからは家から会社までの前橋〜桐生間を約50分かけて通うことになります。

今までずっと前橋で生活をしてきたので、正直桐生のことはまったくわかりません。あと少ししたら毎日通わなければならないのにそんな状態です(笑)

そこで!私は先日、桐生に小旅行に行ってきました!

今回はそのときに行ってステキだった場所をかる〜く紹介してこのblogを終わりたいと思います。
 
京甘味 祇園
群馬にいながら京都の「和」が味わえるお店


私たちが食べた季節限定パフェ
よく見ると手前のパフェの上には金箔が!

本当にかる〜くなので、気になった方はぜひお店に行ってみてください(笑)


では、以上!箕輪功大でした!

ありがとうございました。
 

2019年3月11日

№387◆一生に一度の大学生活

この大学に通った4年間の間に実に沢山の大学内外の活動やイベントに参加してきました。

いろんな場所に行き、多くの人に会い、貴重な体験もすることができました。


私は第一志望に落ちた後に一般入試にて合格し、前橋国際大学に通うことになりました。

入学当初からしばらくは自分はここにきて正解だったのか不安に思っていましたがすぐにその不安は解消することができました。

というのも、悔いのない大学生活を送るために一年生の頃からできる限りのことを取り組んできました。

授業の単位や資格取得はもちろん、サークルの先輩からのお誘いでどんどん新しい活動をはじめ、大学から飛び出して社会人の方や他大の留学生とも交流するようになりました。

そうして1年目、2年目ともに充実した日々を過ごすことができました。

さらに3年目には多くの活動から得た経験を認められ、国際寮のRA(Rasident Assistant)を任せていただきました。このRAでの経験こそ大学生活の集大成でもあり、今後の進路へと繋がっていきます。


前置きが長くなりましたが、この学生ブログを読んでいただいてる在校生やこれから前橋国際大学への入学を控えている皆さんに伝えたいことは、少しでも興味をもったこと、やりたいことに遠慮することなく、進んで取り組むべきだということです。

そうして経験したことはその後の人生において大きな財産になると信じています。

最後になりますが、皆さんがこの大学にきたことを心から良かったと思えるような充実した大学生活を送れるよう願っています。

2019年3月4日

№386◆知らない道を選んで得られたもの

みなさん、こんにちは!英語コース4年の高野杏奈です。
私にとって大学での4年間、群馬での生活は私の人生においてとても貴重な経験となりました。

私は、両親や友達から自立する為に県外の大学の進学を決めました。そして、共愛学園前橋国際大学に進学が決まり、4年前から群馬での新生活がスタートしました。群馬に進学が決まって喜びもありましたが、地元を離れる時が近づくにつれて1人でやっていけるのか不安になりました。でも、自立したかった思いが強く、また私自身、知らない道を歩んでみたいという思いもありました。

群馬での生活は、最初は失敗も多かったですがその失敗から学ぶ事も多くありました。大学では、授業で様々な経験をする事が出来、いろいろな人と出会えました。

群馬での生活を通して、少しですが目標であった両親や友達から自立する事が出来たと思っています。それは、知り合いが誰もいなく知らない場所に行ったからこそ得られたのではないかと思っています。
知らない道を歩むことは、勇気がいることです。ですが、勇気を出して知らない道を歩んで得られることは大きいと思います。私は、また機会があったら知らない道を歩んでより自分を成長させたいと思っています。

最後に、私は共愛学園前橋国際大学で4年間の大学生活を送る事が出来て良かったと思っています。ありがとうございました。

2019年3月1日

№385◆これから大学生になる皆さんへ

みなさん、こんにちは、英語コース4年の織田澤です。

大学生活が終えようとしている今、改めて振り返ると、あっという間であったと感じています。
この大学で多くの人たちと出会ったことで、たくさんのことを学ばせてもらい、大きく成長することができたと感じています。

悔いのない学生生活を送ることができたか? と聞かれたら、正直、ハイ、と答えられないと思います。もちろん、自分がやってみたいことには積極的にチャレンジしましたが、それでもまだまだやってみたいことはありました。

4年間、と聞くと時間がたくさんあるように思いますが、実際はあっという間に終わります。だからこそ、「これにチャレンジしてみたい」という物が見つかったら積極的に取り組んで欲しいと思います。

もちろん、チャレンジすると決めたからには責任が付き物です。しかし、チャレンジしたからこそ得られる物は必ずあると思います。

大学で何を学ぶのかは皆さん次第です。
悔いのない4年間を皆さんにも送って欲しいと思います。

最後になりますが、4年間、本当にありがとうございました。

2019年2月20日

№384◆卒業

小学校から高校まで、卒業なんて何回も経験してきたはずなのに、慣れることができないみたいです

もうすぐ私は共愛学園前橋国際大学を卒業します
そして、デザイナーになるために、東京へと歩みを進めていきます
 
この感情をどう言葉にすればいいか、4年も大学でいろんなことを学んできたはずなのに出てこない
 
情けないけれど、それくらい感慨深い
 
心理学を学び、サークルをある程度楽しみ、友人と日々をなんとなく楽しむだけのつもりが、いつしか、個展を開いたり、様々なイベントに関わり、立場や環境も違う人々と価値観を交わし合い、ビジネスプランを発案したりと、自分が知らなかった自分を発見し続ける刺激的な日々を送っていました
 
在学中に大学に貢献できたわけでもなく、ただただ多くの価値を与えてもらってきた4年間でした
 
本当に幸せ者です
 
何の価値も与えられなかった私だけれど、共愛学園の理念に「私があなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」とあるように、私と関わってくれる多くの人を愛し続けたいと思います
 
ありがとうございました
大変、お世話になりました
 
ご縁があれば、またどこかで

2019年2月19日

№383◆私の4年間

私は、「共愛学園前橋国際大学に入って本当に良かった!」と心からそう思っています。
 
私はこの4年間、様々な学びの中で、色々なことを学び、得ることができたと感じています。
 
今年のチャペルアワーで「共に生きるー4年間の学生生活で学んだこと」について座談会形式でしたが、1年生や教職員の方々の前で話す機会に誘われたときは、嬉しさもありましたが、「私なんかの話をしてしまっていいのか…」という不安もありました。
 
ですが、ここで断ってしまったら、「変われないし、成長できない」と思い、せっかくの機会でもあるので、挑戦することに決め、返事をしました。
 
そして、当日、今までの私がどんなふうで、人前で話すことなんておろか、消極的で、グループワークの発言もできないほどだったことも話し、そして、そんな私がどのようにこの大学生活を通して変わり、「成長できたのではないか」と思えるようになれたことを話しました。
 
「少しでも、1年生の力になれるような話ができていたらいいな」、そんな思いで話しました。
 
そして、私はこのように、大勢の人の前で自分の考えを話せるようになれたのには、この共愛学園前橋国際大学で経験したきたことを通して、以前よりも自分に自信をつけることができたからだと思いました。

この大学生活4年間を振り返ってみると、長いようで、あっという間にも感じました。ですが、その中に色々なものがぎっしり詰まっている4年間だったと感じています。

本当に、共愛学園前橋国際大学に入って、良かったです。
共愛学園前橋国際大学の学生であること、あったことを誇りに思い、これから社会人となり、様々な壁にぶつかることもあるかもしれませんが、そんな時は、今まで乗り越えてきたことも思い出し、自分を信じて、歩いていきたいと思います。

4年間、ありがとうございました。

2019年1月21日

№382◆「グローカル」

みなさん、こんにちは!
国際コース1年の苫米地です。

ついこの前入学したと思っていたら、あと2週間ほどで今年度の授業が終わるみたいです…。みなさんはどんな1年を過ごしましたか?私はとても充実した大学1年目を過ごせたと思います!

さて、話は変わりますが、私は群馬県出身ではありません。それどころか関東の出身でもないので、群馬県のことと言えば、「県庁所在地は前橋市で、ぐんまちゃんがいる」ということしか知りませんでした。そのため、入学当初はよく友人に、群馬県には何があるのかを聞いていた気がします(笑)

そんな私が、約1年間群馬県に住んで知ったことは、
 
・温泉が有名(草津温泉や伊香保温泉など)
・上毛かるたは大半の人が覚えている
・雪は降らないが、風がとても強い
・夏は暑い
・よく語尾に「さ」がついている
・焼きまんじゅう
 
などなど、沢山あります。
きっと群馬県で育った方なら当たり前すぎることだと思いますが、どれも群馬県特有のものだなあと思います。これらは私が群馬県に来なければ知らなかったことであり、もしかしたら一生焼きまんじゅうの存在を知らずに生きていたかもしれません(その焼きまんじゅうはとても美味でした)。

そして、周りの友人は勿論ですが、大学全体が群馬県が大好きなんだなあと感じました。本学が群馬県の魅力を大切にする姿勢もあって、グローバル+ローカルの二つの視点をもつ「グローカル」という言葉が生まれたのかなと思います。私は個人的にこの言葉が大好きです。「グローカル」な視点で学べるということも、この大学のひとつの特色なのかなと思います。

皆さんも共愛学園前橋国際大学で、「グローカル」な視点で物事を見てみませんか?きっと沢山の発見があると思います!

2019年1月15日

№381◆センター試験での失敗

みなさん こんにちは!
心理・人間文化コース 1年の井上です。

冬休みも終わり、学校が始まりましたね。
みなさんは、冬休みをどう過ごしたでしょうか?
私はついつい、こたつでぬくぬく〜ごろごろ〜としてしまいました笑  
こたつの誘惑には逆らえないです(*´∀`*)

さて今回は、 今週末にセンター試験が控えているという事で、センター試験に関する私の失敗談を少し...。

みなさんは、センター試験をどこで受けるでしょうか?  行ったことの無い場所で受ける人も 多いのでは無いかと思います。慣れない場所で受けるのって、緊張しますよね。
かく言う私も、その1人でした。

私の場合、試験会場が少し寒かったので、膝にブランケット+コートをかけていました。 
しかし、試験が始まる少し前に お腹が痛くなってきてしまったのです( ´д`;)
理由は寒さでした。 薬を飲もうかとも考えたのですが、時間的に大丈夫か分からず、うだうだ考えているうちにそのまま試験を受ける事になりました。

結果から言うと、腹痛のおかげでその科目の試験には集中出来ず、良い点数が取れませんでした。
今でも悔やまれます...
その後に薬を飲んで、他の科目は大丈夫だったのが幸いでした。

私は 試験会場に行った事が無かったので、何があっても大丈夫なようにと 準備して行きました。
それでも、当日に何が起こるか分かりません。
大事なのは、何かあった時に 落ち着いてすぐに行動する事だと思います。 私は どうしよどうしよ... と焦ってばかりいたので笑

受験生の方!あと1週間 頑張って下さい!
最近は特に寒くなってきているので、体調には注意です!

願わくばみなさんが無事に受験でき、その結果が良いものでありますように...(*´-`)

2019年1月11日

№380◆気持ちを新たに

明けましておめでとうこざいます!
そしてこんにちは!新年最初のブログを担当する国際コース1年の星野弥月です。どんなことを書けばいいのか悩んだ結果、私が最近大切だと思い始めたことを書こうと思います。

突然ですが、みなさんは達成したいと思っている目標はありますか?

私の去年を振り返ってみると、講義を受けて、バイトに行って、サークル活動をして、勉強はそこそこにというような生活を送っていました。何の目標も持たずふらふらと過ごしていたなぁと思うのです。そこで、今年は3つの目標を決めて達成を目指しています。1、資格を1つは絶対にとる。2、海外研修や短期留学に参加する。3、新しいことに挑戦する。と、だいぶ大まかですが、私は「目標を持つ」ことがまずは重要ではないかと考えています。目標を追いかけることで、何もない日々が彩りある生活に変わり、充実した時間を過ごせそうな気がしませんか?

また、たとえ大きな目標でも小さな目標でも、自分で決めて叶えると、自信につながってくると思います。そして、残りの大学生活をどのように過ごしていきたいか、自分に正直になれたらより良いですよね。まだ、学校がつまらないなぁ、何かやってみたいけど何も無いなぁと思っている方、身近な所から目標設定してみてはいかがでしょうか?

新年らしいことを書こうと思ったら、なんともまとまりの無い文章になってしまいましたが、読んで頂けたら幸いです!今年もどうぞよろしくお願いします。